人気ブログランキング |
ゲン★contigoジェイ
Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Links
お気に入りブログ
最新のコメント
◆鍵コメ「メ」さま ブ..
by mrkgen1 at 20:24
◆鍵コメ「シ」さん ジ..
by mrkgen1 at 13:07
◆鍵コメ「ル」さん 綺..
by mrkgen1 at 13:02
◆鍵コメ「リ」さん う..
by mrkgen1 at 12:59
動画 何回見ても可愛い..
by リキ母 at 14:42
◆レイちゃんママ ご心..
by mrikka=mrkgen at 11:25
レトが食べないと本当に心..
by レイママ at 16:03
タグ
カテゴリ
最新のトラックバック
kmotokun.exb..
from kmotokun.exblo..
fukuhiro24.e..
from ゼニスコートグランスロット2ch
iwc 時計 トップガン..
from タグホイヤー カレラ オーク..
オーデマピゲ ロイヤルオ..
from ブライトリング エアロスペー..
urespa21.exb..
from ゼニス ロッド カタログ
検索
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ファン
パッド赤剥け(>_<)(ゲンの思い出)
ゲンと初めて山らしい山に登ったのは、1997年6月14日、樽前山の苔の洞門コースです。毎日のお散歩、春からは自転車で引き運動していたし、円山や三角山・大倉山なども、お散歩の延長で登っていたので、大丈夫だろうと連れて行きました。前にいたラヴも、ずいぶん山には連れて行ってましたので、ワン連れ登山は経験済みです。

樽前山は小屋のある7合目からは何度か登ってますが、苔の洞門コースは初めてです。(今は、苔の洞門コースは崩落の危険があるとのことで、閉鎖されてますね) ゲンのお水をイッパイと、ゲン用の塩ナシおにぎりもリュックに入れて、気持のいい洞門をゆっくり歩きます。熊のいる場所なので、チョット緊張して歩きますが、お友達も一緒だったのでルンルン歩きました。ゲンも先を歩いたり、横の方を偵察したりと、楽しそうに登りました。あまり先を行くと「ゲン!ヒール!」と大声で呼ぶので、熊よけにもなったようです(^_^;) 樽前山は火山の山で、洞門を過ぎてからの登山道はほとんどザレ道です。お天気のいい景色を楽しみながら、順調に頂上へ!でも、頂上は風も強く、虫もいてあまりゆっくりしなかった思い出が、、。

頂上での景色もそこそこに、下りです。ザレ道を滑らないよう慎重に降ります。半分以上降りたところで、ゲンが足を気にし始めました。休むと、チョット舐めてます。なんと前足の中央のパッドが少し赤剥けになってます。アリャリャ(>_<) ゲンがウチに来た時、パッドがネコのように柔らかかったのを思い出しました。その後、雪道の散歩も、自転車での散歩もしてたので、すっかり忘れていました。土の山道であれば何の問題もなかったのでしょうが、ザレ道はちょっと無理だったのですね。頑張って降りてもらいましたが、チョット可哀想でした。

上の急斜面のザレ道の下りが、パッドにダメージを与えたようです。赤剥けは、両前足の真中のパッドが少しだけでした。病院に行くほどでもなく、一日で綺麗にキズがふさがったので良かったのですが、ザレ道はワンのパッドにはきついものがあるのを初めて知りました。f0082103_6211532.jpgラヴは一度も赤剥けにならなかったです。ザレ道の長い山はなかったしね。大きなワンなので、何かあっても抱えることが出来ないので、怪我は絶対させないようにと、とても気をつけて登っていたんですけどね。

写真はラヴです。1996年6月2日、室蘭岳にて。このリュックはゲンがお下がりで使いました。

下の写真は同じ場所でゲンと。1997年11月2日
f0082103_726132.jpg

by mrkgen1 | 2006-07-17 05:58 | 思い出 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mrkgen1.exblog.jp/tb/2821993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]